いつでも専門医にかかれる安心

一人一人顔が違うように、歯の色、形は様々です。女性的な歯・男性的な歯、快活に見える歯、魅力的な歯…。歯はその人のパーソナリティーを表現すると欧米ではいわれています。

健康的な笑顔のために。
「オートクチュールな歯科」を提供したい。
それが我々の思いです。

invisalign(インビザライン)による矯正歯科治療

皆様は「矯正」にどんなイメージを浮かべますか?

「針金」「見た目が悪い」「痛そう」「恥ずかしい」こういったところでしょうか?当院でも相談を受ける方は、この点が一つのネックとなり、治療する事を決断出来なかったとおっしゃいます。このような従来のデメリットを解消する為に全く新しい矯正装置が開発されました。それがインビザラインです。

インビザラインの製造元アラインテクノロジー社はITの先端技術が集結するアメリカのシリコンバレーにあります。同社の最先端技術は大きく分けて二つの特徴があります。

独自の三次元コンピューターシステム

世界中から送られてきた患者様の歯形をCTでスキャンし、デジタル化。コンピューター上で歯を動かすシミュレーションを作ることが出来るのです。これにより患者様は治療の歯並びを見ることが可能になりました。マウスピース矯正は数社存在しますが、コンピューターシミュレーションは同社のインビザラインが唯一無二です。


マウスピースの製造技術

二週間に一度交換するマウスピース。一年以上の治療期間となると30個ほどの本数になります。その一つ一つを同時に制作し滅菌包装をします。安全・安心が信頼を得ている理由なのでしょう。

インビザラインの特徴

インビザラインは2000年にスタートし全世界で120万件以上の患者様の矯正治療に利用されています。また、インビザラインでの矯正を行うための認定を受けている医師は6万人にも及び、年間で約22万もの症例を挙げています。

同社のアンケート結果によれば、96%の患者様が「満足」と答えています。また、その94%の方が「知人に勧める」と答えています。これは驚くべき結果で、従来の矯正治療と比べて爆発的に優れているインビザラインの特徴をご紹介致しましょう。

見えにくい装置(インビザライン)

invisible(見えにくい)aligner(矯正装置)から由来するinvisalignは、その名のとおり見えにくく、目立たないのが最大の特徴です。従来の目立つ装置ですとおもいっきり笑えませんが、この装置は他人の視線が気になりません。


痛みが少ない

従来の装置は凹凸があり舌や口唇に傷が付くことがあり、ワイヤー交換の度に歯が浮いたような痛みを感じます。その点、インビザラインは、薄く滑らかなアクリル製なので傷付くこともなく違和感も少ないです。また、二週間に一度のアライナーも数mm程の移動の設定なので、治療直後の締め付けられた感覚もありません。


歯磨きが楽である

従来の装置とワイヤーの組み合わせですと、治療期間中は歯磨きに時間がかかります。インビザラインはご自身で取り外しが可能ですので、今までのように歯ブラシをしていただければ大丈夫です。そして、非常に衛生的です。


通院の回数が少なくてよい

二週間ごとにアライナーを交換していただければ理論上、通院の必要はありません。ただし、フィットしているか、思い通りに歯が動いているかを確認する為に数ヶ月に一度、15分程の時間でチェックを受けることをおすすめします。



以上がインビザラインの特徴になります。
一言でいえば、「快適」ということになるかもしれません。ただし、全ての方にこのシステムをお勧め出来る訳ではありません。インビザラインに向いている歯並び、向いてない歯並びがあるからです。まずは当院で行っている無料相談会にお越し下さい。貴方の疑問や質問に真摯にお答えさせて頂きます。

インビザラインとアラインテクノロジー社

アラインテクノロジー社はUSAカリフォルニアシリコンバレーの会社です。マウスピース型の矯正システムは世界中に多く存在しますが、コンピューターによるデジタル化したシステムを持つのはこの会社が唯一です。世界18ヶ国の矯正治療のシミュレーションが共有化され、保存、そして新たな患者様の治療に反映されています。これは矯正治療だけで無く、歯科界の技術革新なのです。現在、アラインテクノロジー社では日本人対応のセクションも設立されています。これにより、日本人特有の不正咬合に最適な治療が可能となりました。

ご興味のある方には、インビザライン、アラインテクノロジー社の説明用DVDをお渡し致しますので、是非その素晴らしさをご覧ください。

インビザラインについて

インビザラインについて詳しくお知りになりたい患者様の為に、インビザライン専用のページを作成致しました。なぜインビザラインが他の矯正技術に比べて優れているのかや、実際の治療の流れや料金についてなどもご説明しております。左のバナーからご覧ください。

デーモンシステムによる矯正歯科治療

最新の生物学研究に基づき開発された矯正システムです。
従来の矯正システムに比べ、歯と歯茎の組織にかかる負担が圧倒的に少なくなり、なおかつ、効率的なメカニズムによりスピーディーな歯列矯正が可能になります。また、従来のメタルブラケットに比べて目立ちにくいので、目立つのが気になる方にも最適なチョイスです。

  • 治療期間と通院数が短縮
  • 優しい力でワイヤー痛の減少
  • 歯周組織が綺麗になる
  • 矯正治療での抜歯の可能性が減少
  • 清掃性の良い清潔な矯正器具

よくわかるはじめての矯正歯科ガイド

歯科矯正(歯列矯正)の装置、デーモンシステムや透明なマウスピース矯正、裏側からの歯科矯正について詳しく説明しています。歯科矯正をお考えの方はお気軽にご相談ください。

悪い歯並びを矯正した方が良い理由

歯並びが悪いとこんなことになります!
虫歯や歯ぐきの病気になりやすい
歯がかさなりあっていたり、かみ合わない歯があると、食べ物のカスがたまりやすいうえに歯みがきがしにくく、虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。
物をかみにくい
歯ならびが悪いと、どうしても物がかみにくく消化不良などの原因となり、からだの健康や発育にまで悪い影響を与えてしまうことがあります。
正しく、はっきりとした発音がしづらい
ひどい出っ歯、上下の歯がかみ合わない、うけ口… などの場合、電話での会話や外国語を話す時に正しい発音ができず、相手に意味が通じないことがあります。
あごの成長を妨げる
歯ならびが悪いと、あごの成長にも影響し、上下のあごのバランスが悪くなったり、顔が左右対称でなくなったりします。
心理的な影響を与える
悪い歯ならびを気にして人前で話したがらなくなったり、容姿を気にしたりして、友達づきあいも消極的になってしまう傾向があります。
肩こり頭痛の原因にも…
歯ならびは骨格に影響しています。それは顏だけではなく体全体の骨格に影響するのです。骨格に影響するということは骨につながっている筋肉にも影響がおこります。このことによって姿勢が悪くなって肩こりや偏頭痛を引き起こしてしまうこともあります。このように歯ならびが悪いと体全体に影響があるので、ストレスや原因不明の病をひきおこすこともあるのです。もちろん肩こりや偏頭痛の原因は歯ならびの悪さだけではないのですが、 歯列矯正によってあなたの万年肩こりや偏頭痛が軽くなったり、治ったりするかもしれません。

悪い歯並びってどんな歯並び?

悪い歯並びの種類にはいくつかあります。

  • 叢生(八重歯・凸凹・乱杭歯)

    歯が重なり合って生えている状態を叢生(そうせい)といいます。八重歯や凸凹の歯並びのことです。犬歯が飛び出していることが多く、普通は犬歯のひとつ後ろの歯(第一小臼歯)を抜いて矯正します。原因としては、歯が非常に大きいか、顎(あご)が小さいことなどが、考えられます。 こういう歯並びの方は、 歯みがきが非常にしずらい為、虫歯や歯周病になりやすいです。

  • 出っ歯(上顎前突)

    上の歯が前に出ている噛み合わせのことをいいます。別名、上顎前突(じょうがくぜんとつ)と言います。 上の前歯が飛び出ていて、口が閉じにくかったり、笑うと上の歯ぐきが出てしまうことが多いようです。 上の歯が出ていると、咬み合わせが深くなり、下の前歯が見えなくなって、顎のぐあいが悪くなる場合もあります。 前歯が出ているため、歯ぐきが乾いて歯周病にもなりかねません。 上顎が大きいか、前方に位置しているか、下顎が小さいか、後方に位置しているという 骨格的な問題がある場合は、子供の頃からの、早めの治療をお勧めします。

  • 受け口(下顎前突)

    下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせのことで、下顎前突(かがくぜんとつ)といいます。 受け口は、下顎が大きすぎるか、前方に位置しているか、上顎が小さいか、後方に位置していることが原因で、また内分泌系の病気が関係していることがあります。 軽度の場合は、抜歯をせずに簡単に治療する方法もありますが、 症状の目立つ方は、手術によって治療することも可能です。

  • 開咬(かいこう)

    奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない、また口が閉じにくい状態を開咬(かいこう)といいます。 おいしいステーキを食べても、前歯でお肉が咬みきれません。舌癖(舌を咬んだり食物を飲み込む時に舌がでる)や、指しゃぶりなどの癖、呼吸器系の病気が原因です。 このような場合、 骨格的に問題があるケースが多々あります。 奥歯(小臼歯)を抜いて治療する事が多いです。また、M.F.Tという顔の筋肉のトレーニングをおこなうこともあります。

  • すきっ歯(空隙歯列)

    すきっ歯は空隙歯列(くうげきしれつ)といい、歯と歯の間があいていて、食べ物がはさまったり、前歯のすき間が目立ってしまう、といったような悩みがあげられます。顎(あご)の大きさに対して、歯のサイズが小さいことや先天的に歯の本数が足りないことなどが原因にあげられます。また、そのすき間に無意識のうちに、舌を押し付けたりしていると、症状が悪化することがあります。 すき間がとても多い場合や、歯がとても小さい場合には、人工の歯を用いる治療を行います。

矯正治療を行なう時期は?

それぞれのケースにより、最適な開始時期は違ってきます。まだ乳歯しか生えていない時期でも、できるだけ早く治療しなければならない場合もありますし、永久歯に全部生え変わってから一度に治療した方がよい場合もあります。何歳のときでも「おかしいな!」と思ったら、すぐ歯科医に相談し、診察を受けるのが最良の方法といえるかと思います。

大人でも矯正治療は可能です

矯正治療ができるのは子供のときだけ、とお思いではありませんか? 今はたくさんの大人の方が矯正治療をうけています。歯と同じ色の装置などで目立たなく治療ができるようになったからです。きれいな歯ならびは他人の目にも良い印象を与えます。是非一度ご相談ください。


検査・治療の流れ

矯正歯科検査の流れ

口のパノラマ写真を取ります

歯の根の配列と、1本づつの傾き(鼻と上の歯の位置関係)を確認します。それにより力をかける方向を決定します。

横顔のレントゲンを取ります。

横から見た顎の上下のズレを測定。上下それぞれの顎に対する歯の位置・角度をミリ単位で測定します。また、顎の成長方向を予測し、生理的で理想の顎の噛み合わせ状態の設計図を作成します。

顔の写真を取ります

笑ったときどれくらい歯が見えるか、唇あるいはその周囲の緊張具合を確認し、記録します。

お口の中の写真を取ります

歯と歯茎の関係の記録をとります。

模型を作るための歯型を取ります。

歯の大きさを模型をつかって測定します。

矯正歯科治療の流れ

宮本歯科クリニックでは、以下のような流れで矯正治療を行っています。

来院カウンセリング予約

直接ドクターのカウンセリングを受けたい方、また、具体的に治療をお考えの方はお電話でご予約ください。

来院・初診カウンセリング

実際にお口のなかの状態や歯並びを見て、不安や疑問にお答えします。 初回相談料を取る医院もありますが、当院は無料でカウンセリングしています。③の精密検査に進むかどうか、ここで決定頂くことが出来ます。

精密検査

詳しい診断と矯正治療の計画を立てるために精密検査をします。歯や顔の写真を撮ったり、あごの骨のレントゲン撮影、歯型取りなどとともに、顔と口もとのバランスを見たり、咬み合わせの検査などを行います。
診断・治療計画には、3次元CTによる撮影が必要となる場合もあります。矯正治療における歯科用CT利用では、術前の検査で顎骨の状態が正確にわかり、治療計画の立案に役立ちます。

検査結果の説明

検査結果をもとに、今後の治療方針や期間、費用などを詳しくご説明します。患者さん一人ひとりのご希望を伺いながら、症状に合った治療方法や装置を話し合って決めていきます。この段階で、「治療するかどうか」の最終的な決定をして頂きます。

矯正前の治療

ムシ歯などがある場合には、装置を装着する前に治療します。抜歯の必要がある場合も装着前に抜歯します。

矯正装置装着

目的に合わせて装置を装着します。装着後はワイヤーの調節や歯の状態をチェックするために1ヵ月に一度程度の通院が必要です。

装置の撤去

装置を外し、歯の表面をきれいに研磨します。

保定(リテーナー装着)

歯の移動が完了したら、歯が元の位置に戻るのを防止するためにリテーナーという保定装置をつけます最初の半年間が一番元に戻りやすいため、この期間中は一日中装置を付けます。リテーナー装着時も3ヵ月から6ヵ月に一度の割合いで通院し、歯並びの状態をチェックします。

治療終了

矯正治療が終わっても半年に一度は定期検診して、きれいになった歯並びや咬み合わせを維持していきます。

最後に

矯正治療は、時間のかかる治療です。その分、患者様にも我慢が必要になってくる治療でありますので、うまくはいえませんが、「歯科医師と患者様との二人三脚での協力」が必要だと私は思っています。

ぜひ矯正治療をご検討されている方は、じっくりと考えてください。 患者様の納得が必要な治療ですので、宮本歯科クリニックでは、 矯正治療をするかどうか、迷われている段階でのご相談もお受けしております。どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。
お電話でのお問い合わせ・ご予約 TEL03-5447-5533
  • お問い合わせ
  • WEB予約 初診の方
  • WEB予約 再診の方