いつでも専門医にかかれる安心

X線フリーで安全性の高い虫歯診断器 ダイアグノカム

初診や定期検診で医院に来られた患者さまに、新しい虫歯ができていないかどうかを当院では、このダイアグノカムという機器を使って虫歯の検査をしています。

X線を使用しないので、繰り返し撮影しても放射線の心配がなく、患者さまに安心してご利用いただけます。また、撮影した画像をリアルタイムでモニターに表示することができ、患者さまに分かりやすくご説明させていただくことにも役立っています。むし歯を早期発見して早期予防、早期治療をしましょう。

ダイアグノカムのメリット
歯を傷つけない

かつては「むし歯かな?」と思われる部分に針をガリガリと差し込んで診断していました。近年の研究によりむし歯になりかけの歯を歯科用の針で突き刺すと歯が傷つき、かえってむし歯が進行してしまうことがあるということが、分かってきています。

分かりやすい

歯の中がむし歯になっているかどうかをリアルタイムに映像で見ることができます。金属が入っている横の二次カリエスや隣接面のカリエスも発見できるので安心です。

最小限の治療

むし歯の部分を正確に把握すると削る量も少なくなります。またクラックも撮影できますので、歯がひび割れていないかのチェックも行えます。

妊婦さんにも安心・安全

近赤外光は、X線や紫外線などと違って、人体に照射されてもほとんど悪影響はなく、むし歯の進行度がレントゲン写真を取らずに診断できます。

痛み・辛さは人によって感じ方が異なります。小さい頃の歯医者さんで経験した恐怖心やその時の思い出を今でも忘れられない方もたくさんいます。

現在では、痛みを伴う歯の処置の場合にはほぼ100%麻酔をします。しかし、その麻酔が痛くて嫌だという方もいらっしゃいます。その為、当医院では痛くないように様々な方法をとっております。

無痛治療の種類

表面麻酔(ひょうめんますい)

浸潤麻酔や伝達麻酔の前に、注射針を入れる場所に麻酔薬を塗って針が入る時の痛みを無くします。表面麻酔にはバナナの香りがするジェル状の表面麻酔薬を使用します。

浸潤麻酔(しんじゅんますい)

歯を治療するときは、その歯のまわりに麻酔をします。治療する歯を含むある範囲だけに効かせる麻酔を浸潤麻酔といいます。
浸潤麻酔時には極細の注射針(33G)と電動注射器の組み合わせにより、麻酔の針が刺さる痛みも最小限におさえることが可能です。

伝達麻酔(でんたつますい)

神経の元の部分に麻酔薬を作用させるため、広範囲に効く方法です。一般には下の奥歯の治療をする際に行います。治療内容により上記の方法を組み合わせて麻酔を行ないます。

精神鎮静法について

どんなに薬剤・器材にこだわっても、患者さんの気持ちが高ぶっていては痛く感じます。そこで、治療のための麻酔ではなく、治療時に患者さんの心を落ち着かせ、不安や緊張を和らげる方法が鎮静法です。局所麻酔と組み合わせることで痛みや治療への恐怖心などのストレスを無くすことができます。

静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)

点滴で鎮静剤を注入し、鎮静を得る方法です。覚醒するまでに時間がかかるため、一般治療には適しません。静脈内鎮静法に使用する薬には健忘効果があり、治療中のことは忘れてしまいます。インプラント手術などの外科処置や恐怖心の強い患者さんの歯科治療に適しています。

料金

¥70,000 / 1回(健康保険適用外)



レーザーによる生体刺激は血流改善、血管新生の促進、組織酵素・細胞分裂の活性化亢進、コラーゲン新生の亢進、生体活性物質産生の亢進、免疫能の向上、神経興奮性の抑制などに関与し、疼痛緩除効果をはじめ抗炎症効果、創傷治癒促進効果などがあると考えられています。

宮本歯科クリニックのレーザー治療とは

宮本歯科クリニックでは、「OPELASERPRO」と呼ばれる最新式のレーザー機器を導入しています。周辺組織に炭化や傷痕を残しにくく、術後の患者さんの負担を軽減します。

また、インプラント治療にも非常に有益なレーザー機をして用いております。

 チェックリスト
  • 口内炎、口角炎の処置
  • 外科処置において
  • 歯周病の治療
  • 歯の根の治療
  • メラニン沈着症の処置
    (歯茎の黒ずみ除去)
口内炎、口角炎の処置

口内炎や口角炎などに対してはレーザー照射によりすみやかに痛みを和らげ治癒しやすく出来ます。

外科処置において

  • 術後の痛みをなくし、治りを早くします
  • 簡単な外科処置は麻酔なしで行えます
  • 出血が少なくて治りの早い手術が可能です
  • 抜歯やインプラントにも効果絶大です
歯周病の治療

歯周病は、ポケット内の歯周病菌の増殖による細菌毒素が原因です。レーザー光には、殺菌効果があり歯周ポケット内にレーザー光を照射することによってポケット内を殺菌します。痛みがないのが利点です。


歯の根の治療

殺菌効果が高いので難しかった根っこの治療にもレーザー治療は効果を発揮します。痛みもなく、治療期間も大幅に短縮できます。

メラニン沈着症の処置(歯茎の黒ずみ除去)

レーザー治療機は審美治療的な効果もあります。 メラニン色素の増殖などで、黒ずんでしまった歯茎に一定時間数回の照射することで、色素が薄まってきます。

マイクロスコープ

一般歯科診療においても、必要に応じて、マイクロスコープを使用しており、虫歯の兆候や根管の内部など、視界は50ミクロンを狂いなく見分けることができる領域で細かくみることができ、再発・再治療を防ぎ、今まで以上に良好な経過を得ることができます。

マイクロスコープを用いた診療

当院では、マイクロスコープを用いて、患者様に安心・安全な治療をご提供するために力を尽くしております。マイクロスコープが実際の治療にどのように使用されているか、下記のボタンからご覧ください。

世界最高峰のX線CT診断装置 Fine Cube E2

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像として診断できる為、より多くの情報が得られます。さらに、通常のCTより被曝量が少ないので身体に優しく、各種治療で、3Dの高精細な画像が確実な診断を実現します。

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。