いつでも専門医にかかれる安心

ダイレクトボンディングは広範囲にできる?

今回は、ダイレクトボンディングで治療可能な範囲についてご紹介します。ダイレクトボンディングは、ハイブリッド樹脂を用いて歯の形態を修復し、むし歯により失われたエナメル質や象牙質を補う方法です。歯を削る量を最小限に抑えながらも自然の歯に近い美しい見た目を再現できるなど、メリットの多い治療方法ではありますが、治療ができる範囲には注意が必要です。

 

ダイレクトボンディングは範囲が広くても可能?

ダイレクトボンディングは歯を削る量を少なく抑えられるという特徴がある一方、むし歯が進行して歯質を削らなければいけない範囲が広くなった場合や、歯と歯の隙間が大きい場合などは、ダイレクトボンディングだけでは修復が難しいこともあります。基本的にダイレクトボンディングは広範囲の治療を想定していないため、範囲が広くなればなるほど治療としての難易度も上がることになるからです。

 

適応範囲は歯科医院によって異なりますが、例えば前歯で半分以上の修復が必要な場合は、ダイレクトボンディングではない治療方法を検討したほうがよいかもしれません。すきっ歯の治療の場合は、前歯の隙間が3mm程度であればダイレクトボンディングで修復できる可能性もありますが、それらも歯や噛み合わせの状態によります。

 

奥歯のダイレクトボンディング

当院におけるダイレクトボンディングはハイブリッド樹脂を使用しているため、プラスチック樹脂(コンポジットレジン)のみを使用した場合に比べるとある程度の耐久性や強度も期待できます。とはいえ、オールセラミック製のクラウンなどに比べると、欠けやすい、割れやすいといったデメリットはどうしても生じてしまいます。噛み合わせたときに強い力がかかる奥歯は、基本的にダイレクトボンディングにあまり向いていないといえるでしょう。

 

広範囲の治療にはセラミッククラウンを

このように、治療範囲が広い場合にはダイレクトボンディングの手法が向かないケースもあります。歯科医師とよく相談しながら、セラミック製のクラウン(冠)など他の治療方法を選択することを視野にいれるのもよいでしょう。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングで治療可能な範囲についてご紹介しました。ダイレクトボンディングはメリットの多い治療方法ですが、治療範囲については担当歯科医師とよく相談して方針を決めていきましょう。

当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

ダイレクトボンディングはどこの歯科医院でもできる?

今回は、ダイレクトボンディングにおける歯科医院の選び方についてご紹介します。ダイレクトボンディングは歯の形態を修復して隙間を埋めたり、むし歯により失われた歯質を修復する方法です。近年ご希望される患者様も増えていますが、どこの歯科医院でも同じレベルでの治療を受けられるとは限りません。

 

ダイレクトボンディングはどこの歯科医院でもできる?

ダイレクトボンディングはいくつかの色のハイブリッド樹脂を数回にわたって重ねながら、天然歯に近い色調やツヤ、透明感などを再現していく治療方法です。歯の色や形が気になる箇所を手軽に、かつ美しく整えられるなどメリットが多い治療方法ではありますが、どこの歯科医院でもこの治療が受けられるとは限りません。

 

ダイレクトボンディングの治療で差が出るポイント

ダイレクトボンディングの治療で歯科医師の技量の差が表れるのは以下のようなポイントです。

 

・ハイブリッド樹脂の色選び

ダイレクトボンディングにおいて非常に重要な要素ともいえる色選びは、歯科医師のセンスが問われる部分でもあります。隣り合う歯との色味の差が出ないように、自然な仕上がりになるような色選びが必要です。

 

・形成

選定したハイブリッド樹脂を歯に盛りつけ、形を整えていきます。この過程においても歯科医師の経験や技術が問われます。

 

ダイレクトボンディングの歯科医院選び

ダイレクトボンディングは比較的新しい治療方法であると同時に、専門的な知識や技術が必要とされる治療です。先ほどご紹介したポイントにも通ずるところではありますが、どこの歯科医院でも、またどの歯科医師でも同じような治療結果が得られるということではありません。したがって、できるだけダイレクトボンディングの治療実績のある歯科医院を選ぶのをおすすめします。また、ダイレクトボンディングは治療後のメンテナンスも重要です。定期的な検診など適切なアフターケアが受けられる点も考慮して検討しましょう。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングにおける歯科医院の選び方についてご紹介しました。当院ではダイレクトボンディングをはじめとする審美歯科治療において数多くの治療実績がございます。患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

ダイレクトボンディングの寿命

今回は、ダイレクトボンディングの寿命についてご紹介します。ダイレクトボンディングは歯の形態を修復して隙間を埋めたり、むし歯により失われた歯質を修復する方法です。ある程度の耐久性はあるものの、一度治療をすればそれで一生もつとは限りません。

 

ダイレクトボンディングの寿命を決める要素

ダイレクトボンディングの寿命を決める要素の一つに、使用する材料の選択が挙げられます。当院で使用しているハイブリッド樹脂は、歯科用プラスチック(コンポジットレジン)にセラミックの粉末を混ぜ合わせた材料です。セラミックは天然歯に近いような透明感やツヤが特徴で、耐久性や汚れのつきにくさにも優れています。そのため、歯科用プラスチック単体で使用するよりもハイブリッド樹脂のほうが耐久性には優れているといえるでしょう。とはいえ、長期的に使っているうちにツヤが減ってくる、多少の変色をするなどの経年劣化が生じます。

 

ダイレクトボンディングの寿命

保険適用の歯科用プラスチックで治療を行った場合には、3年程度で劣化して変色してしまうことが多くあります。一方、当院でも使用しているハイブリッド樹脂の場合は、平均して4~6年は良い状態を維持できるといわれています。これはあくまでも平均的な数字であり、メンテンナンスの質によってはそれ以下の寿命になってしまうこともありますし、逆に質の高いメンテナンスができていれば平均的な寿命を超えて良い状態を保てる可能性もあります。

 

ダイレクトボンディングの劣化をなるべく遅くするには

ダイレクトボンディングが変色してしまう原因は主に2つです。まず1つは先ほどにもお話ししたような経年劣化による変色です。もう1つは、着色による変色です。ハイブリッド樹脂に含まれる歯科用プラスチックは吸水性があることから色の濃い食べ物や飲み物によって着色する可能性があります。一度変色してしまうと自然に元の色には戻ることはないため、いずれにせよ日頃のメンテナンスが非常に重要になってきます。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングの寿命についてご紹介しました。当院でのダイレクトボンディングは、審美性や耐久性を重視して保険適用外のハイブリッド樹脂を使用しています。当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

ダイレクトボンディングに使われる素材

今回は、ダイレクトボンディングの治療で使われる素材についてご紹介します。ダイレクトボンディングは歯の形態を修復して隙間を埋めたり、むし歯により失われた歯質を修復する方法ですが、これらにはハイブリッド樹脂が使用されます。ハイブリッド樹脂とはどのような素材なのでしょうか。

 

ハイブリッド樹脂とは

ハイブリッド樹脂とは、一般的な保険診療に使われるプラスチック素材(コンポジットレジン)とセラミックの粉末を混ぜ合わせた材料です。ペースト状になっていて、これを直接歯に接着し、形態を整えます。この素材は光重合によって硬化するため、一定時間光を照射して硬化させてから研磨をして細かな形態を整えます。

 

ハイブリッド樹脂を使用するメリット

ハイブリッド樹脂を使うことのメリットには、以下のようなことが挙げられます。

 

・コンポジットレジンより見た目が良い

コンポジットレジンに比べて色のバリエーションが豊富なので、治療をする歯に合わせてできる限り近い色で修復ができます。

 

・コンポジットレジンより耐久性・強度に優れている

コンポジットレジンは比較的短期間で着色や変色をしてしまいますが、それに比べるとハイブリッド樹脂は劣化しにくい素材です。また、比較的割れにくいことも特徴です。

 

・セラミックよりは費用を抑えられる

この材料を使用する場合は健康保険の適用外となりますが、オールセラミックのクラウン(被せ物)などに比べると費用を抑えた治療ができます。

 

ハイブリッド樹脂の注意点

ハイブリッド樹脂は様々なメリットのある素材ではありますが、オールセラミックに比べると細かな透明感やツヤに見劣りすることもあります。強度や耐久性についても同様です。奥歯には強い力が加わるため、ダイレクトボンディングの治療は向かない可能性があります。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングの治療で使われるハイブリッド樹脂についてご紹介しました。当院でのダイレクトボンディングは、審美性や耐久性を重視して保険適用外のハイブリッド樹脂を使用しています。当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

ダイレクトボンディングで行われる「ラバーダム防湿」とは

今回は、ダイレクトボンディングの治療の際に行われる「ラバーダム防湿」ついてご紹介します。ダイレクトボンディングは、ハイブリッド樹脂を用いて歯の形態を修復して隙間を埋めたり、むし歯により失われた歯質を修復する方法です。これらの治療の中で行われるラバーダム防湿とはどのような処置で、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

ラバーダム防湿とは

ゴム製のシートをかけて治療をする歯だけを露出させ、無菌的処置ができる環境を作り出す処置をラバーダム防湿といいます。ダイレクトボンディングのように治療をする歯を唾液から隔離したい場合などにこの処置は行われ、唾液からの細菌感染のリスクを極力低くしたい根管治療などでもラバーダム防湿は非常に重要な処置です。

 

ラバーダム防湿はなぜ必要?

ダイレクトボンディングは、歯質に直接ハイブリッド樹脂を接着させる治療方法です。歯質と材料を確実に接着させるためにはできるだけ唾液などの水分を排除することが非常に大切ですが、口の中というのは基本的に唾液で常に潤っている状態です。そこで、意図的に完全防湿できる環境を作り出すために行われるのがラバーダム防湿なのです。また、ラバーダム防湿で歯だけを露出することができれば、歯ぐきや粘膜、唇、舌などが処置中に患部に触れることを防ぐこともできます。さらに治療を行う歯科医師にとっても、視野が確保されることで修復の精度向上が期待できます。

 

ラバーダム防湿の手順

  1. ラバーダム(ゴム状のシート)に、治療をする歯の位置に合わせて穴を開けます
  2. 開けた穴にクランプと呼ばれる金属の金具を装着します。
  3. クランプを歯にかけ、治療をする歯だけを露出させます。
  4. 金属製の枠にラバーダムを固定します。

 

ゴムのアレルギーをお持ちの方にはこの方法は行えない場合がありますので、ご不安な方は歯科医師に遠慮なく申し出てください。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングの治療の際に行われるラバーダム防湿についてご紹介しました。ダイレクトボンディングの際にはラバーダム防湿を行うことで、治療の精度や安全性を高めることができます。

当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。