いつでも専門医にかかれる安心

ホワイトニング後も気をつけたい むし歯の予防

今回は、むし歯の予防についてご紹介します。ホワイトニングの処置を受ける前には必ずむし歯がないか確認を受けることをおすすめしており、またホワイトニング後もむし歯を予防することはお口の健康を守るためにも大切です。

 

ホワイトニング後にも大切なむし歯予防

せっかくホワイトニングで白い歯を手に入れたならば、その後もむし歯にならないように予防することが大切です。むし歯の治療に使われるプラスチックなどの素材はホワイトニングをしても白くならないだけでなく、時間の経過とともに劣化する可能性もあるため、歯が部分的に違う色に見えてしまうこともあります。むし歯の原因の一つでもあるプラークは、歯が黄ばんで見える原因にもなるため、プラークをしっかり除去することはホワイトニング効果を長持ちさせることにも繋がるでしょう。

 

むし歯を予防するには

以下のことを実践することで、効果的にむし歯を予防しましょう。

 

  1. 毎日のセルフケアを丁寧に行う

プラークを確実に除去するためには、まず毎日の歯磨きをはじめとしたセルフケアを丁寧に行うことが大切です。歯ブラシで磨くだけではお口の中のプラークの6割ほどしか除去できないといわれています。歯ブラシで磨くことに加え、デンタルフロスや歯間ブラシ、ワンタフトブラシなどの補助清掃用具も活用するとよいでしょう。

 

  1. 定期的に歯科医院でメンテナンスや検診を受ける

いくらセルフケアを丁寧に行ったとしても、どうしても落としきれないプラークや汚れは存在します。ホワイトニングのメンテナンスと同時にクリーニングや検診も受け、お口の中の状態をチェックしてもらいましょう。ホワイトエッセンスでは独自の「ウルトラファインバブル」の技術を用いたクリーニングを実施しており、効率よく確実にバイオフィルムを除去できます。

 

  1. フッ素を活用する

むし歯予防に効果的なものとして、フッ素の活用も挙げられます。フッ素は歯磨き粉などにも含まれている成分ですが、歯科医院で「フッ素塗布」として処置を受けることも可能です。フッ素の働きや効果については、次回以降のブログで詳しくご紹介します。

 

  1. 規則正しい食生活をする

1日中ずっと飲食をしているとお口の中が常に酸性に傾き、むし歯になりやすい状態になってしまいます。食事や間食は時間や回数を決めて規則正しい食生活を心がけましょう。

 

まとめ

今回は、むし歯の予防についてご紹介しました。ホワイトニング後も毎日のセルフケアと定期的な歯科医院の受診でむし歯を予防しましょう。

当院は、多数の症例実績を誇るホワイトエッセンス加盟医院です。ホワイトニングのご予約、お問合せはお電話で承っております。

 

Category - ホワイトニング, 虫歯治療

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。