いつでも専門医にかかれる安心

ダイレクトボンディングで行われる「ラバーダム防湿」とは

今回は、ダイレクトボンディングの治療の際に行われる「ラバーダム防湿」ついてご紹介します。ダイレクトボンディングは、ハイブリッド樹脂を用いて歯の形態を修復して隙間を埋めたり、むし歯により失われた歯質を修復する方法です。これらの治療の中で行われるラバーダム防湿とはどのような処置で、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

ラバーダム防湿とは

ゴム製のシートをかけて治療をする歯だけを露出させ、無菌的処置ができる環境を作り出す処置をラバーダム防湿といいます。ダイレクトボンディングのように治療をする歯を唾液から隔離したい場合などにこの処置は行われ、唾液からの細菌感染のリスクを極力低くしたい根管治療などでもラバーダム防湿は非常に重要な処置です。

 

ラバーダム防湿はなぜ必要?

ダイレクトボンディングは、歯質に直接ハイブリッド樹脂を接着させる治療方法です。歯質と材料を確実に接着させるためにはできるだけ唾液などの水分を排除することが非常に大切ですが、口の中というのは基本的に唾液で常に潤っている状態です。そこで、意図的に完全防湿できる環境を作り出すために行われるのがラバーダム防湿なのです。また、ラバーダム防湿で歯だけを露出することができれば、歯ぐきや粘膜、唇、舌などが処置中に患部に触れることを防ぐこともできます。さらに治療を行う歯科医師にとっても、視野が確保されることで修復の精度向上が期待できます。

 

ラバーダム防湿の手順

  1. ラバーダム(ゴム状のシート)に、治療をする歯の位置に合わせて穴を開けます
  2. 開けた穴にクランプと呼ばれる金属の金具を装着します。
  3. クランプを歯にかけ、治療をする歯だけを露出させます。
  4. 金属製の枠にラバーダムを固定します。

 

ゴムのアレルギーをお持ちの方にはこの方法は行えない場合がありますので、ご不安な方は歯科医師に遠慮なく申し出てください。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングの治療の際に行われるラバーダム防湿についてご紹介しました。ダイレクトボンディングの際にはラバーダム防湿を行うことで、治療の精度や安全性を高めることができます。

当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

Category - ダイレクトボンディング

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。