いつでも専門医にかかれる安心

ダイレクトボンディングに使われる素材

今回は、ダイレクトボンディングの治療で使われる素材についてご紹介します。ダイレクトボンディングは歯の形態を修復して隙間を埋めたり、むし歯により失われた歯質を修復する方法ですが、これらにはハイブリッド樹脂が使用されます。ハイブリッド樹脂とはどのような素材なのでしょうか。

 

ハイブリッド樹脂とは

ハイブリッド樹脂とは、一般的な保険診療に使われるプラスチック素材(コンポジットレジン)とセラミックの粉末を混ぜ合わせた材料です。ペースト状になっていて、これを直接歯に接着し、形態を整えます。この素材は光重合によって硬化するため、一定時間光を照射して硬化させてから研磨をして細かな形態を整えます。

 

ハイブリッド樹脂を使用するメリット

ハイブリッド樹脂を使うことのメリットには、以下のようなことが挙げられます。

 

・コンポジットレジンより見た目が良い

コンポジットレジンに比べて色のバリエーションが豊富なので、治療をする歯に合わせてできる限り近い色で修復ができます。

 

・コンポジットレジンより耐久性・強度に優れている

コンポジットレジンは比較的短期間で着色や変色をしてしまいますが、それに比べるとハイブリッド樹脂は劣化しにくい素材です。また、比較的割れにくいことも特徴です。

 

・セラミックよりは費用を抑えられる

この材料を使用する場合は健康保険の適用外となりますが、オールセラミックのクラウン(被せ物)などに比べると費用を抑えた治療ができます。

 

ハイブリッド樹脂の注意点

ハイブリッド樹脂は様々なメリットのある素材ではありますが、オールセラミックに比べると細かな透明感やツヤに見劣りすることもあります。強度や耐久性についても同様です。奥歯には強い力が加わるため、ダイレクトボンディングの治療は向かない可能性があります。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングの治療で使われるハイブリッド樹脂についてご紹介しました。当院でのダイレクトボンディングは、審美性や耐久性を重視して保険適用外のハイブリッド樹脂を使用しています。当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

Category - ダイレクトボンディング

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。