いつでも専門医にかかれる安心

インプラントと天然歯の違い

今回は、インプラントと天然歯の違いについてご紹介します。

インプラントは天然歯のような審美性や機能性、耐久性をもつとされていますが、実際にどのような点が異なるのでしょうか。

 

歯根膜の有無

天然歯には、「歯根膜」とよばれる歯根と骨をつなぐ繊維性結合組織が存在します。歯根膜はものを噛んだときにクッションのような役割を果たし、歯に力が加わっても骨が受けるダメージを軽減することができるのです。一方、インプラントには歯根膜がありません。インプラントが骨と直接結合していることで、インプラントは安定を保つことができます。ただし、歯根膜がないぶん、ものを噛んだときの衝撃が直接骨に伝わります。そのため、ものを噛んだ時のダメージが大きくならないよう、十分に注意をしながら噛み合わせを調整します。

 

血液供給の有無

歯根膜には血管が通っているため、天然歯は骨、歯ぐき、歯根膜の3方向から血液が供給されています。そのため、歯周病原菌などによる炎症が起きても、血液中の白血球が防御してくれるので感染防御力を発揮します。一方、歯根膜をもたないインプラントでは、血液の供給は骨と歯ぐきからのみになります。したがって、インプラントは天然歯よりも血液の供給量が少なく、炎症への抵抗力が低くなるためインプラント周囲炎などになりやすくなります。

 

歯肉繊維の方向

天然歯は、歯肉繊維とよばれる歯や骨と歯ぐきをつなぐもので付着しています。この場合、歯肉繊維は垂直方向に走っており、歯ぐきの中の結合組織が歯の根の部分に入り込んでいる状態です。一方、インプラントは歯肉繊維がインプラント体に対して水平方向に走っています。そのため、インプラントと歯茎の間に細菌が入り込んで歯ぐきがはがれやすく、一度炎症を起こしてしまうと進行しやすくなります。

 

まとめ

今回は、インプラントと天然歯の違いについてご紹介しました。見た目や機能が天然歯に近いとされるインプラントでも、天然歯とまったく同じということではありません。インプラント治療を受けたあとには、定期的なメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

当院では、知識と経験の豊富な歯科医師やスタッフが治療を担当いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

Category - インプラント

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。