いつでも専門医にかかれる安心

インプラント治療と高血圧の関係

今回は、インプラント治療と高血圧の関係についてご紹介します。

高齢の方がインプラント治療を行う場合は、全身疾患との関連も考慮しなければなりません。高血圧は日本で患者数が最も多い疾患とも言われています。自覚症状のない方も多く、単に血圧が高くなるだけでなく心疾患や脳疾患を誘発する可能性もあるため注意が必要です。

 

高血圧とは 

高血圧とは、血圧の値(収縮期血圧と拡張期血圧)が140/90mmHg以上の状態です。血圧が高くなることで圧力の高い血液が血管を流れることになり、それが血管に負担をかけます。それにより脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、心不全や心肥大、動脈瘤などの心血管疾患、高血圧性腎不全などの合併症を引き起こす可能性があります。

 

高血圧はインプラント治療に影響がある? 

基本的に、高血圧があっても歯科治療を受けることには問題ありません。ただし、インプラントの治療によるストレスや手術への不安は血圧を上昇させる可能性があるため、手術中は血圧を常にモニターし、急激に血圧が上昇することがないようコントロールする必要があります。また、手術後には患部の感染を予防するための抗生物質や痛み止めの鎮痛剤が処方されます。薬の種類によっては高血圧の薬の効果を抑制してしまうことがあるため、飲み合わせに気をつけなければなりません。

 

カルシウム拮抗薬と歯肉増殖症

高血圧の治療薬のひとつに、カルシウム拮抗薬があります。血圧を下げる効果がある薬ですが、詳しいメカニズムは不明であるものの副作用として「歯肉増殖症」があるといわれています。歯肉増殖症は、歯ぐきが歯周病によって腫れるのとはまた別の疾患で、歯ぐきの線維性組織が増殖する病気です。歯ぐきが増殖して盛り上がることで歯磨きがしにくくなり、インプラントのメンテナンスに影響を及ぼす可能性があるのです。カルシウム拮抗薬を服用していたとしても、毎日の正しい歯磨きと定期的な歯科医院でのメンテナンスを欠かさず行うことが大切です。高血圧に関連するものはもちろん、そのほかにも服用している薬がある場合は前もって担当歯科医師に申し出ておきましょう。

 

まとめ 

今回は、インプラント治療と高血圧の関係についてご紹介しました。高齢の方がインプラント治療を検討する際は、様々なリスクも考慮した上で、それでもインプラントを選択するのか、入れ歯やブリッジにするのか、歯科医師とよく相談しましょう。当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

Category - インプラント

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。