いつでも専門医にかかれる安心

矯正治療中でもホワイトニングはできる?

矯正治療で歯並びを綺麗に整えたら、歯の色も白くして口元の印象をより良くしたいという方も多いのではないでしょうか。

今回は、矯正治療中でもホワイトニングができるのかということについてご紹介します。

 

矯正治療中でもホワイトニングはできる?

歯の表側にブラケットとワイヤーをつける治療方法の場合は、歯の表面にホワイトニングの薬剤を塗布できません。したがって、保定期間に入り装置が外れてからの施術になります。同じワイヤー矯正であっても、歯の裏側に装置をつける裏側矯正(舌側矯正)であれば、オフィスホワイトニングの施術は可能です。マウスピースの装着が必要になるホームホワイトニングは、歯の裏側に装置があることでマウスピースがつけられないため難しいでしょう。インビザラインなどのマウスピース矯正の場合は、基本的にオフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングすべてのメニューからお選びいただけます。ただし、マウスピース矯正であっても歯の表面に「アタッチメント」と呼ばれる白いプラスチック製の突起物をつけることがあります。その場合、アタッチメントがある部分には薬剤は塗れません。

 

どのタイミングでホワイトニングをする?

矯正治療の初期段階にホワイトニングを行うと、後に歯が動いたときにホワイトニングをしていない部分が見えてきます。それが色ムラのように見えてしまうため、ある程度歯並びが整ってきた頃や保定期間に入ってからホワイトニングを行うのおすすめです。矯正治療を始める前の段階ですでに歯の色が気になっていてどうしてもホワイトニングを行いたい場合には、矯正治療前に一度ホワイトニングを行っておくことも可能です。その場合は矯正治療終了後にも再度ホワイトニングをして色ムラをなくしましょう。

 

まとめ

今回は、矯正治療中のホワイトニングについてご紹介しました。矯正治療に使用する装置によっては、治療中であってもホワイトニングの施術を受けられます。ホワイトニングを希望する場合は、矯正治療の担当医ともよく相談しましょう。

また、当院ではマウスピース矯正を中心に様々な矯正治療方法に経験豊富な矯正専門医が対応いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

Category - ホワイトニング

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。