いつでも専門医にかかれる安心

インプラントのセルフケアにおすすめ ワンタフトブラシ

今回は、ワンタフトブラシの使い方についてご紹介します。

インプラント周囲炎を予防するためには、毎日のセルフケアでプラーク(歯垢)をしっかり除去することが欠かせません。ワンタフトブラシを使えば、通常の歯ブラシでは毛先が届きにくいところでも簡単に磨くことができます。

 

ワンタフトブラシとは

ワンタフトブラシは、毛束が1つで鉛筆のような形状をしている歯ブラシです。ヘッドが非常にコンパクトなので、通常の歯ブラシでは磨きにくいような場所でも、簡単に毛先がしっかりとフィットします。各メーカーから様々なワンタフトブラシが発売されていますが、インプラント用に毛が柔らかいものもあります。インプラントの上部構造は天然歯よりもデリケートなので、毛がかたいものを使用すると傷つけてしまうおそれがあります。インプラント用でないワンタフトブラシを使うときには、「やわらかめ」の表示があるものを選びましょう。

 

ワンタフトブラシの使い方

ワンタフトブラシの持ち方は、通常の歯ブラシと同じです。鉛筆を持つように軽い力で握ります。インプラントの周囲を磨くときに特に気をつけたいのは、隣り合う歯との隙間と、上部構造と歯ぐきの境目です。隣り合う歯との隙間を磨くときには、磨きたいところにワンタフトブラシの毛先をしっかりと押し当てるようにして、小刻みにブラシを動かします。上部構造と歯ぐきの境目を磨くときは、磨きたいところにワンタフトブラシの毛先をあて、なぞるようにブラシを動かしていきます。どちらを磨くときも、鏡を見てワンタフトブラシの先端の尖っている部分が磨きたい場所にしっかりフィットしていることを確認しながら磨きましょう。

 

ワンタフトブラシの洗浄と保管

使い終わったワンタフトブラシは、歯ブラシと同様に流水下でよくこすり洗いをします。細菌が繁殖しないようにしっかりと乾燥させてから保管しましょう。また、ワンタフトブラシも定期的に交換することが必要です。毛先が開いてきたら、もしくは1ヶ月程度を目安に、新しいものに交換するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、ワンタフトブラシの使い方についてご紹介しました。ワンタフトブラシはインプラント周りはもちろんのこと、臼歯の遠心(奥歯の奥の面)にも効果的です。毎日の丁寧なセルフケアでインプラント周囲炎を予防し、インプラントをできるだけ長く良い状態で使えるようにしましょう。

当院では、知識と経験の豊富な歯科医師やスタッフが治療を担当いたします。

些細なことでもお気軽にご相談ください。

Category - メインテナンス, インプラント

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。