いつでも専門医にかかれる安心

歯のホワイトニングとクリーニングは別のもの?

歯のホワイトニングとクリーニングは別のものである、ということをご存知でしょうか?

今回は、ホワイトニングとクリーニングの違いや、ホワイトエッセンスならではのクリーニングについてご紹介します。

 

ホワイトニングとクリーニングの違い

歯のホワイトニングは、エナメル質にある色素のもととなる有機成分を薬剤により分解し、無色あるいは目立ちにくい色に変えるものです。それにより、本来の歯よりも白くすることができます。ただし、着色や歯石などの汚れを落とすものではありません。

 

一方クリーニングは、歯の表面についた着色汚れやプラーク、歯石などを機械的に除去することです。汚れを落とすことはできても、歯の本来の色以上に白くすることはできません。クリーニングでは、汚れを除去した後、歯に汚れがつきにくくなるように歯の表面を研磨するPMTCという処置を行います。PMTCはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、専用の機器と研磨剤を使用して、通常の歯磨きでは落とせない歯石やプラークの除去の歯面の研磨を全ての歯に対して行います。これにより、むし歯や歯周病になりにくいようお口の中の環境を整えます。

 

歯のクリーニングをするメリット

まず一つは、歯の表面についた着色汚れを落とすことで見た目にも分かりやすくきれいになります。ホワイトニングの施術前にクリーニングをしておくことで、ホワイトニングの効果がより一層感じられるようになるでしょう。

もう一つは、プラークなどの汚れを落とすことでむし歯や歯周病、口臭を予防できます。お口の中を健康に保ってこそ、ホワイトニングで得られた効果が際立つのです。

 

ホワイトエッセンスでのクリーニングの特徴

ホワイトエッセンスでのクリーニングは、一般的な保険診療でのクリーニングとは異なります。時間をかけて歯を1本ずつ丁寧に汚れを落とし、全ての歯を1回の施術でクリーニングすることができます。さらに、保険診療のクリーニングでは落としきることのできないバイオフィルムもしっかり除去することができます。バイオフィルムは食べかすや磨き残しに細菌が繁殖して膜を形成したもので、歯周病の根本的な原因であるといわれています。バイオフィルムは粘着性が高いため簡単に落とすことはできませんが、歯科医院での専門的なクリーニングだからこそ確実に除去できるのです。

 

まとめ

このように、ホワイトニングとクリーニングは別の処置です。ホワイトニングの前に専門的なクリーニングを受けて、ホワイトニングの効果を最大限引き出しましょう。

 

Category - ホワイトニング, メインテナンス, ホワイトエッセンス

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。