いつでも専門医にかかれる安心

ダイレクトボンディングの寿命

今回は、ダイレクトボンディングの寿命についてご紹介します。ダイレクトボンディングは歯の形態を修復して隙間を埋めたり、むし歯により失われた歯質を修復する方法です。ある程度の耐久性はあるものの、一度治療をすればそれで一生もつとは限りません。

 

ダイレクトボンディングの寿命を決める要素

ダイレクトボンディングの寿命を決める要素の一つに、使用する材料の選択が挙げられます。当院で使用しているハイブリッド樹脂は、歯科用プラスチック(コンポジットレジン)にセラミックの粉末を混ぜ合わせた材料です。セラミックは天然歯に近いような透明感やツヤが特徴で、耐久性や汚れのつきにくさにも優れています。そのため、歯科用プラスチック単体で使用するよりもハイブリッド樹脂のほうが耐久性には優れているといえるでしょう。とはいえ、長期的に使っているうちにツヤが減ってくる、多少の変色をするなどの経年劣化が生じます。

 

ダイレクトボンディングの寿命

保険適用の歯科用プラスチックで治療を行った場合には、3年程度で劣化して変色してしまうことが多くあります。一方、当院でも使用しているハイブリッド樹脂の場合は、平均して4~6年は良い状態を維持できるといわれています。これはあくまでも平均的な数字であり、メンテンナンスの質によってはそれ以下の寿命になってしまうこともありますし、逆に質の高いメンテナンスができていれば平均的な寿命を超えて良い状態を保てる可能性もあります。

 

ダイレクトボンディングの劣化をなるべく遅くするには

ダイレクトボンディングが変色してしまう原因は主に2つです。まず1つは先ほどにもお話ししたような経年劣化による変色です。もう1つは、着色による変色です。ハイブリッド樹脂に含まれる歯科用プラスチックは吸水性があることから色の濃い食べ物や飲み物によって着色する可能性があります。一度変色してしまうと自然に元の色には戻ることはないため、いずれにせよ日頃のメンテナンスが非常に重要になってきます。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングの寿命についてご紹介しました。当院でのダイレクトボンディングは、審美性や耐久性を重視して保険適用外のハイブリッド樹脂を使用しています。当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

Category - ダイレクトボンディング

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。