いつでも専門医にかかれる安心

根の治療③

こんにちは。歯科医師の柴田です。
前回説明させていただいた治療の流れの続きです。
徹底的に虫歯を取った後に根の中の汚れや感染した歯髄(はの中の神経や血管)を取り除く処置に入ります。


根の中をきれいにする上で”機械的拡大”と”化学的洗浄”というものがあります。上記のイラストは細い器具で機械的拡大をしている様子です。ただし、イラストのように根の中はシンプルではなく先の方で細かく枝分かれしていたり、合流していたりととても複雑で器具が届かないところも多いです。
そこで大切なのが専用の薬液を用いた化学的洗浄です。これを行うことで細かいところまで薬液が反応して根の中をきれいにしてくれます。
次回は根の中をきれいにし終わった後の流れを説明させていただきます。
宮本歯科 柴田

🔽宮本歯科クリニック Youtube https://www.youtube.com/channel/UChii… 

🔽宮本歯科クリニック  HP https://shirokane-smile.com 

🔽宮本歯科クリニック インスタグラム https://www.instagram.com/miyamotoden… 

🔽宮本歯科クリニック Twitter https://twitter.com/miyamotodental1

根の治療②

こんにちは。歯科医師の柴田です。
前回はラバーダムについて説明させていただきました。
今回は治療の大まかな流れについて説明していきます。
下のイラストが健全な歯の状態です。

次のイラストは根が感染している状態です。

このような歯を治療する場合は
①麻酔をします。

当院では必ず表面麻酔を行っています。

②ラバーダムをします。

③根の中を触る前に徹底的に虫歯を取ります。

理由は歯の頭の方から感染していることが多いのでそのまま根を触ってしまうと細菌を根の先の方に押し込んでしまう場合があるからです。また、虫歯がある状態ではせっかくラバーダムをしても無菌的な環境は作れないからです。
次回はその後の処置について説明していきます。
宮本歯科 柴田

🔽宮本歯科クリニック Youtube https://www.youtube.com/channel/UChii… 

🔽宮本歯科クリニック  HP https://shirokane-smile.com 

🔽宮本歯科クリニック インスタグラム https://www.instagram.com/miyamotoden… 

🔽宮本歯科クリニック Twitter https://twitter.com/miyamotodental1

根の治療①

こんにちは。
歯科医師の柴田です。
前回根の病気の原因は細菌感染というお話をさせていただきました。
つまり、治療というのは感染を取り除くことを指します。
しかし、お口の中には細菌も多く、唾液などにより”無菌的な環境”を作るのはとても難しいです。
唾液が入ってしまうような環境で治療を行ってもいたちごっこになってしまう可能性が高いです。
そこで治療を始める前に行う準備がとても大切になってきます。
その中の一つが”ラバーダム防湿”と言われるものです。
利点としては
1唾液が入らない
2高濃度の洗浄液を使用できる
3舌や頬を守ることができる
4器具や薬液が口の中に入らない
5水が口の中に入りづらい
6湿度を低く保てる
などがあります。
欠点としては
1お口を開けている時間が長い
2途中でうがいができない
などがあります。


ラバーダム防湿について今日はお話させて頂きました。
YouTubeでも説明をしていますので是非ご覧になってください。
宮本歯科 柴田

🔽宮本歯科クリニック Youtube https://www.youtube.com/channel/UChii… 

🔽宮本歯科クリニック  HP https://shirokane-smile.com 

🔽宮本歯科クリニック インスタグラム https://www.instagram.com/miyamotoden… 

🔽宮本歯科クリニック Twitter https://twitter.com/miyamotodental1

根の病気の原因

こんにちは。歯科医師の柴田です。
今日はなぜ根の病気になってしまうのか論文を交えて説明していこうと思います。

1965年に発表されたDr.kakehashiの論文の内容によると無菌環境下で飼育したラットと普通環境下で飼育したラットを意図的に歯を削り、神経が出た状態で放置した。そのラットの病理組織切片を1〜42日後に作製した。
通常環境下で飼育したラットは8日目以降、完全に歯の神経が死んでしまっていた。また、根の先にも炎症や病気が見られた。
一方で無菌環境下で飼育したラットは歯の神経は死なずに炎症も極めて弱かった。21日目、28日目の標本では新しく組織が作られ神経が出ている部分が塞がれていた。

つまり根の病気の原因は細菌感染と言えます。

以上のことを踏まえて根の治療について説明していこうと思います。

宮本歯科 柴田

🔽宮本歯科クリニック Youtube https://www.youtube.com/channel/UChii… 

🔽宮本歯科クリニック HP https://shirokane-smile.com 

🔽宮本歯科クリニック Instagram https://www.instagram.com/miyamotoden… 

🔽宮本歯科クリニック Twitter https://twitter.com/miyamotodental1

神経に達する虫歯

こんにちは。歯科医師の柴田です。

今日は神経に達する虫歯についてお話しします。

これまでのお話は歯のエナメル質、象牙質の虫歯についてのお話でした。

そこよりさらに先に虫歯が進むと神経が蝕まれてしまいます。

そうなった場合今まで説明とはまた別の治療方法になります。

今後は神経、根の治療について説明していきます。

暑い日が続いておりますので、お身体に気をつけてお過ごし下さい。

宮本歯科 柴田

🔽宮本歯科クリニック Youtube https://www.youtube.com/channel/UChii… 

🔽宮本歯科クリニック HP https://shirokane-smile.com 

🔽宮本歯科クリニック Instagram https://www.instagram.com/miyamotoden… 

🔽宮本歯科クリニック Twitter https://twitter.com/miyamotodental1

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。