いつでも専門医にかかれる安心

インプラントは医療費控除の対象になる?

今回は、インプラント治療の医療費控除についてご紹介します。インプラントの治療は自費診療になるため、インプラント1本あたり40~50万円ほどと治療費が高額になります。保険適応はされませんが医療費控除の対象にはなるので、医療費控除制度を活用して少しでも費用面での負担を軽減しましょう。

 

医療費控除とは

医療費控除とは、治療に要した医療費を申告することで税金が軽減される制度で、その年の1月1日から12月31日までにかかった医療費が一定額以上の場合にこの制度を利用することができます。また、配偶者や子供など、納税者と生計を共にしている人と合算して申請することも可能です。

 

申請のための条件

医療費控除の制度を利用するには、確定申告をすることが必要です。所得により税率が異なるため、家族の中で所得が最も多い人が申請をしましょう。申請の条件は、1年間にかかった医療費が合計で10万円以上になるか、もしくは総所得金額の5%以上になることです。歯科だけでなく、他の診療科の医療費を合算することもできます。申請にあたっては領収書が必ず必要になるため、なくさずに保管するようにしましょう。

 

その他の注意事項

医療費控除の対象となるのは医療費として支払ったものだけではありません。通院のための交通費も控除の対象となります。ただし、これは公共交通機関の交通費のみが対象で、自家用車による通院のガソリン代や駐車場代は含まれませんので注意しましょう。さらに、市販の医薬品の購入も控除の対象となります。こちらも、領収書を必ず保管しておくようにしましょう。

 

制度の利用期限

確定申告は例年2月中旬から3月中旬と期間が決まっていますが、医療費控除の還付申告の場合はそれ以外の時期であっても申請ができます。また、もしその年に申請を忘れてしまったとしても、5年分はさかのぼって申請することができますのでご安心ください。

 

まとめ

このように、インプラント治療では医療費控除の制度を利用することができます。領収書の保管や申請の手続きが必要にはなりますが、治療費の負担を少しでも軽くするためにぜひ活用していきましょう。当院では医療費控除に関するご質問はお受けいたしかねますので、ご不明点は最寄りの税務署でご相談ください。

Category - インプラント

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。