いつでも専門医にかかれる安心

テトラサイクリン歯のホワイトニングとは?

今回は、テトラサイクリン歯のホワイトニングについてご紹介します。ホワイトニングで白くするのが難しいとされているテトラサイクリン歯ですが、ホワイトエッセンスであればそれも可能です。

 

テトラサイクリン歯とは?

抗生物質の中でも、テトラサイクリン系とよばれるものを服用したことにより色が変わってしまった歯を「テトラサイクリン歯」といいます。歯が形成される0歳~12歳ごろに大量にテトラサイクリン系の抗生物質を服用するようなことがあると、その副作用としてグレーに近い歯の色になったり、縞模様に見えたりすることがあります。風邪のシロップ薬などとして昭和40年ごろまでよく使われていましたが、1962年にはじめて副作用が報告されてからは、妊娠中の方や幼児への使用は避けられるようになりました。歯が生えたあとに服用する分には問題なく、マイコプラズマ肺炎をはじめとする呼吸器疾患や、にきびなどの皮膚疾患にも使われることはあります。

 

テトラサイクリン歯の特徴と分類

テトラサイクリン自体が黄色に近い色をしており、これが象牙質のカルシウムと結合することでその色素が象牙質に沈着し、変色して見えます。歯磨きで白くすることはできません。紫外線が当たることによってその変色が徐々に濃くなっていき、その変色の状況によって第1度から第4度までに分類されています。数字が大きくなるにつれて、変色が強くなるということを意味します。

 

テトラサイクリン歯を白くするには?

テトラサイクリン歯を白くする方法としておすすめなのが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行するデュアルホワイトニングです。2つのホワイトニングを組み合わせることで、歯の表面と内側双方からのホワイトニングが可能となります。変色の度合いがさほど強くない第1度、第2度の場合は、デュアルホワイトニングを半年ほど継続していただくと、白くなる効果を実感していただけます。縞模様がはっきりと見られる第3度、第4度の方は、1年ほどデュアルホワイトニングを続けていただくと、歯の色が目立ちにくくなる変化を感じていただけます。ホワイトニング効果には個人差があり、うっすらと縞模様が残る可能性はありますが、歯の色を全体的に明るくすることはできます。

 

まとめ

このように、ホワイトニングが難しいとされているテトラサイクリン歯であっても、根気強くデュアルホワイトニングを行うことで改善できるケースもあります。テトラサイクリン歯をホワイトニングできるのは、高いホワイトニング技術をもつホワイトエッセンスならではのメニューです。患者様お一人おひとりの歯の状態やご希望に合わせたホワイトニングプランをご提案いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

Category - ホワイトニング

2023年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。