いつでも専門医にかかれる安心

ダイレクトボンディングはどのような人に向いている?

今回は、ダイレクトボンディングはどのような人に向いているかについてご紹介します。ハイブリッド樹脂を何層にも重ねて歯の形態を修復し、むし歯により失われたエナメル質や象牙質を補う方法をダイレクトボンディングといいます。前回までのブログでメリットや検討する際に気をつけたい点をお伝えしましたが、それらを踏まえた上でこの治療方法はどのような人に向いているのでしょうか。

 

歯と歯の間の僅かな隙間を埋めたい人

歯と歯に隙間があいている状態の歯列である「すきっ歯」の治療には、セラミック治療、矯正治療、そしてダイレクトボンディングの3つの方法が主流です。ダイレクトボンディングであれば、歯の隙間が気になる箇所を短時間で修復できます。前歯であっても、周りの歯に合わせた色味や透明感を再現することで自然な仕上がりが可能です。

 

歯の形を少しだけ整えたい人

日常的な歯ぎしりなどで歯の先端が摩耗してギザギザになってしまった、生まれつき歯の大きさが揃っていない、外傷で少しだけ歯が欠けてしまった、など少しだけ歯の形態を整えたい人にもダイレクトボンディングは有効です。詰め物や被せ物を作製するときのような歯の型どりなども必要ないので、その場で治療ができます。

 

小さなむし歯を治したい人

むし歯の範囲が小さい場合には、ダイレクトボンディングでの修復も可能です。また、過去に保険適用の歯科用プラスチックで治療をしてある部分をやり直すことも場合によっては可能です。

 

ダイレクトボンディングが適さない例

基本的に、ダイレクトボンディングは広い範囲の修復にはあまり向いていません。治したい場所が前歯であっても奥歯であっても、むし歯が進行して大きく削らなければならない場合はセラミック製の詰め物や被せ物を検討したほうが、強度などの面で良いケースもあります。どちらの治療方法を選択するかは、残っている歯質の量や噛み合わせの状態、噛み合わせの力などによって変わります。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングがどのような人に向いているかについてご紹介しました。全ての症例に適応できるとは限らないため、適用できるかどうかは担当医に相談してみましょう。

当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

Category - ダイレクトボンディング

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。