いつでも専門医にかかれる安心

ダイレクトボンディングの治療の流れ

今回は、ダイレクトボンディングの治療の流れについてご紹介します。ダイレクトボンディングは、ハイブリッド樹脂を用いて歯の形態を修復して隙間を埋めたり、むし歯により失われた歯質を修復する方法です。どのような流れで治療が進められていくのか、知っておきましょう。

 

 

1.口腔内検査

 

まずはお口の中全体の状態を確認します。目で見るだけでなく、レントゲンによる画像検査や、必要に応じて歯周病の検査も行います。

 

 

2.治療方法のご説明

 

ダイレクトボンディングを行う場所についての治療方法をご説明します。ダイレクトボンディングのメリットだけでなく、注意しなければならない点についてもお話しします。

 

3.ラバーダムを装着する

ダイレクトボンディングの治療を進めていく際には、「ラバーダム」とよばれる防湿方法を用います。ラバーダム防湿は根管治療の際に用いられることもありますが、完全に防湿をした環境下で治療を行うことがダイレクトボンディングを成功させるために非常に重要です。ラバーダムについては次回以降のブログで詳しくご紹介します。

 

 

4.むし歯の除去

 

むし歯になっている箇所がある場合は、その部分を削って除去します。ダイレクトボンディングはミニマルインターベンション(MI)の考え方に基づいた治療方法でもあるため、歯質を削る量は最小限に抑えます。

 

 

5.ダイレクトボンディングの処置

 

酸処理をしたのちプライマー処理をし、ハイブリッド樹脂で修復をします。このとき、いくつかの色のハイブリッド樹脂を何層にも重ねながら修復をすることで、天然歯に近い色調や透明感を再現していきます。基本的に歯の型どりは必要ないので、その場で修復処置ができます。ハイブリッド樹脂は光で硬化させます。

 

 

6.咬合調整および研磨

 

修復後の形や噛み合わせを最終的に調整し、研磨をして表面を滑沢にします。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングの治療の流れについてご紹介しました。ダイレクトボンディングは全ての症例に適応できるとは限りませんが、適用できる場合は短時間で美しい仕上がりを叶えられる修復方法です。

当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

Category - ダイレクトボンディング

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。