いつでも専門医にかかれる安心

ダイレクトボンディングを長持ちさせるためには

今回は、ダイレクトボンディングを長持ちさせるためにできることについてご紹介します。ダイレクトボンディングは歯の形態を修復して隙間を埋めたり、むし歯により失われた歯質を修復する方法です。ある程度の耐久性はあるものの平均的な寿命は4~6年といわれており、長期的に使っているうちにツヤが減る、色が僅かに変わるなど経年的な変化は生じてきます。できるだけ良い状態を長く維持するためにできることを知っておきましょう。

 

ダイレクトボンディングを良い状態で維持するためには

当院ではハイブリッド樹脂を用いてダイレクトボンディングを行っているため、保険適用の歯科用プラスチックのみで治療をした場合に比べると、より長く良い状態を保てます。とはいえ、治療後のメンテナンスが十分にできていないと平均寿命を待たずして劣化してしまう可能性もあるのです。したがってダイレクトボンディングをできるだけ長く良い状態で維持するためには、ご自宅での毎日のセルフケアに加え、定期的に歯科医院でもメンテナンスを受けることが非常に大切になってきます。

 

自宅でのセルフケア

ご自宅でできるセルフケアで最も重要なことは、プラークを確実に除去することです。プラークはむし歯や歯周病の原因となるだけでなく、着色の原因となることもあります。歯ブラシで丁寧に磨くことはもちろん、適宜デンタルフロスや歯間ブラシ、ワンタフトブラシなどの補助清掃用具を活用し、効率よくプラークを落とせるようにしましょう。

 

歯科医院でのメンテナンス

歯科医院では、セルフケアでは除去しきれない細かな箇所のプラークも、専用の器機で確実に除去することができます。また、ダイレクトボンディングの劣化を促進する原因の一つに「接着剤の劣化」がありますが、定期的に歯科医院で状態確認をしておけば接着剤の劣化にもいち早く気がつくことができ、状態によっては最小限の修復で再治療ができるケースもあります(すべてのケースでこの方法が可能とは限りません)。

 

まとめ

今回は、ダイレクトボンディングを長持ちさせるためにできることについてご紹介しました。毎日のセルフケアと定期的な歯科医院でのメンテナンスで、ダイレクトボンディングを良い状態に保ちましょう。当院では患者様のお口の中の状況に合わせた治療方法をご提案いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

Category - ダイレクトボンディング

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。