いつでも専門医にかかれる安心

自宅でできるプラークコントロール ワンタフトブラシを使ってみましょう

今回は、セルフケアでのプラークコントロールにおけるワンタフトブラシの使い方についてご紹介します。「ミニマルインターベンション(MI)」の考え方には5つの項目が掲げられており、その中の一つに「口腔内の細菌叢の改善」があります。細菌叢のバランスを保つために必要となるのが「プラークコントロール」です。ご自宅でのプラークコントロールの基本となるのが毎日の歯磨きですが、少し磨きにくいと感じる部分もなんとなく歯ブラシで磨いて終わりにしてしまっていませんか?

 

歯ブラシが届きにくい場所

適切な歯ブラシが選べていたとしても、歯列の状態によっては歯ブラシの毛先が届きにくい場所はどうしても出てきます。そして、そのような場所は磨き残しが起こりやすく、プラークコントロールの妨げとなってしまうのです。歯ブラシが届きにくい場所の例は以下の通りです。

 

・歯列に凹凸がある部分

・高低差のある歯列(生えかけの永久歯や親知らず)

・奥歯の溝

・奥歯のさらに奥

・前歯の裏側

・矯正装置の周囲

 

歯ブラシが届きにくい場所にはワンタフトブラシを

上記のような場所には、ワンタフトブラシを活用するのがおすすめです。ワンタフトブラシとは毛束が小さく一つにまとまっている歯ブラシで、毛束は鉛筆のような円錐形をしています。ワンタフトブラシのヘッド(ブラシ部分)はおおよそ直径5mm×10mmなので、ヘッドが小さめの歯ブラシよりもさらにコンパクトなつくりです。歯科医院やドラッグストア、歯科用品の取り扱いのあるバラエティショップなどで購入できます。

 

ワンタフトブラシの使い方

ワンタフトブラシの使い方は非常に簡単で、磨きたいところに毛束をあて、小刻みにブラシを動かして磨くだけです。通常の歯ブラシよりも小回りが利くため、その快適な使い心地に驚く方も多いでしょう。使用後のワンタフトブラシは歯ブラシと同様に流水下で丁寧に洗い、風通しの良い場所で乾かして保管しましょう。毛先が開いてきたら交換のサインです。

 

まとめ

今回は、ワンタフトブラシの使い方についてご紹介しました。ワンタフトブラシの使い方にご不安がある方は、お気軽に歯科衛生士までご相談ください。

当院ではミニマルインターベンション(MI)の考え方に基づき、患者さまお一人おひとりにとって最善の治療方法をご提案しております。ご予約、お問合せはお電話で承っております。

 

Category - メインテナンス

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。