いつでも専門医にかかれる安心

歯を着色させやすい食べ物・飲み物とは?

みなさんは、歯が着色しやすい食べ物や飲み物を聞いたとき、真っ先に思い浮かぶのはコーヒーやワイン、煙草など…など、色が濃い食べ物でしょうか。今回は、歯を着色させやすい食べ物・予防についてお話したいと思います。

 

〈着色の原因はポリフェノール〉

ポリフェノールと言えば、身体に良い成分だということは皆さんご存じだと思います。
抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、動脈硬化など生活習慣病の予防や、アンチエイジングに役立ちます。
積極的に取り入れている方も多いのではないでしょうか。

このポリフェノールですが、歯の表面にある唾液成分「ペリクル」と結合することによって着色します。
また、次のようにポリフェノールにはたくさんの種類があります。

ポリフェノールの種類

  • アントシアニン…赤ワイン、イチゴ、
  • カテキン…緑茶、紅茶
  • カカオポリフェノール…ココア、チョコレート
  • ルチン…柑橘類、玉ネギ
  • フェルラ酸…玄米など穀類
  • イソフラボン…大豆など豆類
  • クルクミン…ウコン
  • ショウガオール…生姜
  • コーヒーポリフェノール…コーヒー

 

色の濃い食べ物はもちろんのこと、意外な食べ物にもポリフェノールが含まれていることがわかりますね。

〈着色を予防する方法〉

  • 飲食した後に、お口をゆすぐ・水を飲む
  • 歯に付けないよう、ストローを用いる
  • 定期的に歯科医院に通院して、クリーニングをしてもらう
  • ホワイトニングをする

 

ホワイトニングは定期的に行うことで、効果がますます発揮されます。
また、クリーニングで汚れを落とした後にホワイトニングをすると、より効果的です。

 

必要な栄養もしっかりと摂取しながら、白い歯を手に入れませんか✨?

 

是非一度お気軽にご相談くださいませ!

Category - スタッフブログ

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。