いつでも専門医にかかれる安心

矯正後はいつからホワイトニング可能?

結論、歯科矯正医療が終了していれば、いつでもホワイトニングが可能です!

 

歯科矯正後には、移動させた歯が元に戻るのを防ぐため「リテーナー」を使用しますが、この段階でもホワイトニングが受けられます。リテーナーには自分で取りはずせるタイプと歯に接着剤で取り付ける固定式のタイプがありますが、どちらもホワイトニングの施術に影響を与えません。

取りはずせるタイプなら、ホワイトニングを受けるときにリテーナーをはずせば問題ありません。

固定式のタイプでは、リテーナーをつけたままでホワイトニングを受けますが、この場合も支障はありません。ホワイトニングは歯の「表側」に対して行いますが、固定式のリテーナーをつけるのは「歯の裏側」だからです。

 

〈歯科矯正の「直前」のホワイトニングは避けた方が良い!〉

ホワイトニングを受けるタイミングでおすすめできないのは、歯科矯正の「直前」です。ホワイトニングで白くなったばかりの歯に矯正装置をつけると、装置が触れている部分とそうでない部分で、歯の色がまだらになる可能性があるからです

 

歯を黄ばませる原因の1つに、色の濃い食べ物や飲み物に含まれる着色物質があります。ホワイトニングした歯も日々これらにさらされ続けることで、ゆっくりとですが、再び着色されていきます。

一方、矯正装置のついている部分は食べ物や飲み物に触れないため、ホワイトニング直後の白さが保たれます。その結果、装置をつけている部分とそうでない部分とで、歯の色合いに差が生まれ、装置を取りはずした時に目立ってしまう可能性があるのです。ですので、すぐ後に矯正を受ける予定がある場合は、矯正後にホワイトニングされることをオススメ致します☺

 

いかがでしたでしょうか?

ホワイトニングで、ワンランク上の笑顔を手に入れませんか?

 

是非一度お気軽にご相談くださいませ!

問い合わせ先はこちらから

https://shirokane-smile.com/contact/

Category - スタッフブログ

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。