いつでも専門医にかかれる安心

根管治療(根の治療)とは②

今回は少し掘り下げて治療内容をお話していきます。

実際に口の中でどのようなことをしているのかわからないと思います。それもあって不安があるという方もいるのではないでしょうか?

まず麻酔をして痛みが出ないようにします。

その次にラバーダム防湿を行います。非常に重要なステップです。アメリカの根管治療のガイドラインではラバーダム防湿ができない場合は治療の適応外と定められているほどです。

ラバーダム防湿が終わった後は歯の消毒も行います。そのままでは細菌が歯に残っていますからね。

1

続いて視点が変わるのですが、虫歯の除去です。虫歯をまず徹底的に取り除かないことには根管治療の成功はありません。

顕微鏡を用いて虫歯を全て取っていきます。虫歯というのは目で見るだけではなくて染めだしたら、器具で触って硬さを調べたりといろいろな方法で探っていきます。

2

次回はどのようにして根の中にアプローチしていくかお話ししていきます。

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。