いつでも専門医にかかれる安心

インプラント手術後の痛みを軽減するには?

今回は、インプラント手術後の痛みを軽減するために気をつけることについてご紹介します。

インプラントの外科手術では痛みを軽減するために麻酔が使われますが、手術後に麻酔がきれたあとには痛みを感じることもあります。そのような場合には、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

 

処方薬を指示通りに服用する

インプラントの手術後には抗生物質のほかに痛み止めも処方されます。必要に応じて痛み止めを服用すると、ある程度痛みを軽減することができるでしょう。抗生物質は途中で服用をやめてしまうと、細菌感染を起こすおそれがあります。必ず処方された日数分は飲みきるようにしましょう。

 

負担がかからない食事をする

インプラント手術後の傷口はとてもデリケートです。刺激の強いものや辛いもの、熱いものは術後1週間程度控えるようにしましょう。また、硬いものも要注意です。傷口が落ち着くまでは、柔らかい食べ物を中心に食事をするようにし、傷口に負担がかからないようにすると安心です。

 

激しい運動は控える

インプラント手術後は、基本的に安静に過ごすことを心がけましょう。激しい運動をすると血行が促進され、傷口の治りが遅くなることから痛みが長引くおそれがあります。術後1週間程度は激しい運動は控えるようにしましょう。長湯や熱いお風呂も同様の理由で痛みの原因となることがあります。手術日

~3日後ごろまではお風呂の温度や浸かる時間にも気をつけましょう。

 

飲酒や喫煙を控える

インプラント手術から1週間程度は、飲酒や喫煙は厳禁です。アルコールの摂取は血行を促進し、腫れや痛みの原因となります。また、アルコールを摂取すると口の中が乾燥しやすくなるため、細菌感染のリスクが高まります。喫煙はインプラントと骨の結合にも影響を及ぼすおそれがあるため、特に注意が必要です。可能であれば、インプラント治療を機に禁煙することをおすすめします。

 

まとめ

今回は、インプラント手術後の痛みを軽減するために気をつけることについてご紹介しました。痛みを長引かせないためにも、インプラント治療後は安静に過ごし、適宜痛み止めを服用するようにしましょう。当院では、知識と経験の豊富な歯科医師やスタッフが治療を担当いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

Category - インプラント

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。