いつでも専門医にかかれる安心

インプラントにおける噛み合わせの重要性

今回は、インプラントにおける噛み合わせの重要性についてご紹介します。

天然歯に近い感覚で噛むことができるインプラントですが、噛み合わせがよくないとしっかりと噛めない、インプラントが破損するなどの原因となることがあります。

 

インプラント治療に求められること

インプラントとは、歯を失った箇所に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を被せる治療方法です。この治療を行うにあたっては、どの場所にインプラントを埋入するかということが非常に重要です。骨の厚みや幅が十分に残っているかということを検討しながら、本来の噛み合わせの位置にインプラントを入れることが求められます。もし骨が不足しているようであれば、必要に応じてサイナスリフトやソケットリフトなどの再生治療を行い、本来の噛み合わせが再現できる状態を作ってからインプラントの治療を進めます。

 

インプラントの噛み合わせがよくないとどうなる?

もし噛み合わせの高さやバランスがあっていない状態でインプラントを入れてしまうと、様々な不具合が生じる可能性があります。

 

・噛んだときに違和感がある

・インプラント周囲炎になりやすくなる

・インプラントそのものの寿命を縮める

・顎関節症になりやすくなる

・他の歯に負担がかかる

 

インプラント治療における噛み合わせの重要性

以上のようなリスクを回避するためには、噛み合わせを十分に考慮した上でインプラントを埋入することが重要です。治療直後の噛み合わせの状態がずっと続くとは限らないため、その後も定期的に正しい噛み合わせが維持されているかを確認しなければなりません。そのためにも、インプラントの治療後には定期的なメンテナンスの受診をお願いしております。

 

まとめ

今回は、インプラントにおける噛み合わせの重要性についてご紹介しました。次回以降のブログでは、インプラントの噛み合わせが悪くなる原因や調整方法、正しい噛み合わせを保つためのポイントなどについてお話していきます。

当院では、知識と経験の豊富な歯科医師やスタッフが治療を担当いたしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

Category - インプラント

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。