いつでも専門医にかかれる安心

インプラントのセルフケアにおすすめ デンタルフロス

今回は、デンタルフロスの使い方についてご紹介します。

インプラント周囲炎を予防するためには、毎日のセルフケアでプラーク(歯垢)をしっかり除去することが欠かせません。デンタルフロスを使えば、通常の歯ブラシでは毛先が届きにくいところでも簡単に磨くことができます。

 

デンタルフロスの種類と選び方

デンタルフロスは、細くて弾力性のあるナイロン繊維をより合わせて作られた糸状の補助清掃用具です。通常の歯ブラシでは届かない歯と歯の間に入り込み、プラークをしっかり絡めとるように除去することができます。デンタルフロスは大きく分けて2種類あり、持ち手がついている「ホルダータイプ」と、ご自身の指に巻き付けて使う「ロールタイプ」があります。初めてデンタルフロスを使う方は、まずホルダータイプから試してみるのがおすすめです。ホルダータイプはさらに「Y字型」と「F字型」に分けられますが、奥歯のインプラント部分を清掃するときにはY字型が使いやすいでしょう。

 

デンタルフロスの使い方

どのタイプのデンタルフロスであっても、基本的な使い方は同じです。使用する際は、インプラント本体や歯ぐきを傷つけないように、必ず鏡を見ながら行いましょう。通常のデンタルフロスは、糸を歯と歯の間にあてたらのこぎりのように前後に動かしながら歯と歯の隙間に挿入します。歯面に糸を沿わせるようにして上下に2~3往復して汚れを絡めとりましょう。反対側の歯面も同様にします。フロスを引き抜く際も、垂直方向に引き抜くのではなく、入れたときと同様に前後に糸を動かしながら引き抜きます。

 

使用後のデンタルフロス

デンタルフロスは基本的にすべて使い捨てです。毎回新しいものを使用するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、デンタルフロスの使い方についてご紹介しました。毎日の丁寧なセルフケアでインプラント周囲炎を予防し、インプラントをできるだけ長く良い状態で使えるようにしましょう。デンタルフロスの選び方や使い方にご不安がある場合は、歯科医師や歯科衛生士がアドバイスいたします。

当院では、知識と経験の豊富な歯科医師やスタッフが治療を担当いたします。

些細なことでもお気軽にご相談ください。

Category - メインテナンス, インプラント

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。