いつでも専門医にかかれる安心

インプラントのセルフケアにおすすめ スーパーフロス

今回は、スーパーフロスの使い方についてご紹介します。

インプラント周囲炎を予防するためには、毎日のセルフケアでプラーク(歯垢)をしっかり除去することが欠かせません。デンタルフロスの一種で、「スーパーフロス」と呼ばれるものをご存じでしょうか。一般的なデンタルフロスとは少し形状が異なるものなので馴染みがないかもしれませんが、上手に活用できると通常の歯ブラシでは毛先が届きにくいところも簡単に汚れを除去できます。

 

スーパーフロスの特徴

スーパーフロスとは、デンタルフロス、スポンジ(フィラメント)、糸通し(フロススレッダー)の3つの役割を1本で全て賄える画期的なデンタルフロスです。通常のフロスだときつくて入らないところでも、糸通しのような役割をもつスレッダーがあることで狭い隙間にもフロスを簡単に通せます。また、スポンジが唾液を吸って膨らむので、歯と歯の隙間や細かい箇所のプラークをしっかりと絡めとってくれます。通常のデンタルフロスも兼ね備えているので、無駄なく活用できます。インプラントの周囲以外にも、ブリッジのダミーの歯の下を清掃するのにも大変適しています。

 

スーパーフロスの使い方

スーパーフロスを使用する際は、インプラント本体や歯ぐきを傷つけないように、必ず鏡を見ながら行います。スレッダー(固くなっている側)を歯と歯の隙間に挿入し、スポンジ部分を上下に動かしてインプラントの上部構造(人工歯)と歯ぐきの境目をよく清掃しましょう。デンタルフロスの部分をゆっくり前後に動かしながら引き抜きます。

 

使用後のスーパーフロス

スーパーフロスは基本的にすべて使い捨てです。毎回新しいものを使用するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、スーパーフロスの使い方についてご紹介しました。毎日の丁寧なセルフケアでインプラント周囲炎を予防し、インプラントをできるだけ長く良い状態で使えるようにしましょう。スーパーフロスは一般的なデンタルフロスに比べると、販売されている場所が限られています。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。また、使い方にご不安がある場合は、歯科医師や歯科衛生士が丁寧にアドバイスいたします。些細なことでもお気軽にご相談ください。

Category - メインテナンス, インプラント

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
  • 動画で見る治療
  • よくあるご質問
  • 治療費について
  • 入れ歯外来

宮本歯科クリニックでは、それぞれの患者様に適した歯科治療をご提供いたします。お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。